固定金利と変動金利の違いについて

住宅ローンで最も重要になるのが金利です。
住宅ローンを利用する時の金利方式には固定金利と変動金利の2種類の金利方式が存在します。

どちらの金利方式の方が有利な条件で借りられるのかはケースごとに違いますから、それどれ仕組みや特性について学んだうえで判断を下さなくてはいけません。

今回は、住宅ローンに適用される2種類の金利方式の基礎知識について解説します。

固定金利で住宅ローンを組む場合、契約時に設定した金利水準が返済までの間適用されることになります。
ローンのタイプによっては返済期間中の数年ごとに金利を変更する場合もありますが、変更する金利水準についても事前に取り決めをしておくことになります。

固定金利のメリットは金利が一定のため返済計画が立てやすく、金利上昇のリスクが無いことです。その反面金利水準が下がった時は損をすることになってしまいますから、今後金融緩和が実行されると高い金利を払うことになります。 変動金利では、返済期間中に何度か金利の見直しが行われ、その時点での金利水準が適用されることになります。

返済期間中に金利が引き下げられた場合、変動金利を選択していれば金利引き下げの恩恵にあずかることができます。

逆に金利水準が上昇してしまった場合、ローンに適用される金利も引き上げられて返済負担が増加してしまいます。

どちらの金利方式を選択する場合でも、重要になるのは今後の景気動向の予想です。

好景気になり金利上昇が予想されるときは固定方式、金融緩和が予想されるのであれば変動方式の方が金利負担は少なくなります。