3種類の住宅ローン金利タイプ

loan住宅ローンに関しては一生モノのローンになりますし、長期的に利用する事になります、

ですから長期に渡り営業が難しいような金融業者は避けたいですし、

メガバンクと言われるような所は安心して利用出来ますし、金利設定等も有利になる可能性が高いです。

自身のライフスタイルによってどの会社が良いかは変わってきますが、
融資を受ける会社を選ぶ場合は資金が潤沢な所を選ぶのが良いです。



金利に関しては非常に重要な問題です、住宅ローンにおいては金利タイプは大きくわけると3種類のタイプがあります、それぞれの特徴を知った上で選択したい所です。

1.変動金利型は金利が下がると返済額が小さく金利下降していくと返済額が減りますし、他の金利タイプと比較しても金利が低めです。
変動金利は金利変化に対して敏感になりますし、急な金利上昇が起こるとリスクも大きいですし、将来設計が立てにくいギャンブル的な要素があります。

2.全期間固定金利型は月々返済額が変わらず返済額が確定できライフプランを立てやすいですし、低金利時には完済まで低金利という事が挙がります
逆に高金利時に選択した時は市場金利が下がっても高いままの金利になります。

3.固定期間選択型は必要期間の返済額を一定化させて、全期間固定と比べて金利を低くおさえる事が出来ます。
ただし、固定期間終了時に金利変動のリスクがありますし、変動金利型みたいな返済額の増額幅を制限する設定が無いので、固定期間が終わった後に返済額が大幅に増えてしまう事もありえます。